肌は生まれ変われる
  1. HOME

スキンケア

スキンケアは美しくありたいと思う女性であれば誰もが感心を示すものです。各ブランドから目新しい商品が出るたびに試してみているという方もいらっしゃるでしょう。成分も大切ですが問題はスキンケアの方法です。季節や自分をとりまく環境によって変化していきます。そんなストレスに負けない美肌作りを応援します。


春のお肌へのスキンケア・アドバイス

ポカポカと暖かな陽気になり、嬉しくなる季節ですね。スキンケアも冬の乾燥した空気から暖かな春への変化に合わせ、違ったケアが必要です。

春の肌

黄色い花畑

気温が上がるにしたがって、皮脂腺の働きが活発になるので皮脂量の分泌が増え、肌の新陳代謝が順調になる季節です。

また、気温の上昇は血液の循環もよくなりますので皮脂ばかりではなく、汗の分泌量も増えてきます。


このため、脂性よりの肌に移行するのにも関わらず、春特有の強風で乾燥気味の肌にもなりやすく、肌バランスが崩れるので、気温の変化に肌がついていけずに一時的な敏感肌になるのもこの頃です。

春のスキンケア

洗顔している女性

暖かい陽気が続くと皮脂分泌が一気に活発になるので、スキンケアとしては、洗顔時に丁寧に余分な皮脂や汚れを落とします。収れん化粧水で毛穴を引き締めて皮脂分泌を抑えたり、乾燥している場合は乳液などで補うことが大切です。また、シミの原因ともなる紫外線が一気に多くなる季節でもありますので、UV効果のある化粧品の使用を習慣づけていきましょう。

夏のお肌へのスキンケア・アドバイス

アウトドアを楽しむのが増えるこの季節。紫外線や汗による肌への影響も徐々に増え始める季節です。

夏の肌

虫取り網をもった子供

強い紫外線の影響でシミや日焼けになりやすい季節です。

湿度が上がるので肌水分が奪われにくくはなりますが、反対に皮脂や汗の過剰分泌でベタつきやすくなり、ふきでものや化粧崩れの原因になります。


汗のために皮脂が広がって細きんが繁殖しやすくなり、それが原因で軽い炎症が起きて肌荒れの原因となり、本来ph(ペーハー)バランスが弱酸性のアルカリに偏りやすくなります。


また、冷房のある環境では肌が乾燥しがちで、外気温との差が激しく、肌ストレスの原因にもなります。

夏のスキンケア

頬をタオルで拭いている女性

夏のスキンケアには紫外線対策が大事で、普段から日焼け止め以外にもファンデーションや乳液にUVカット効果のあるものを使いましょう。日焼けをしてしまったらシミ対策としてビタミンCなどが配合された化粧品を使うスキンケアを行うと良いでしょう。虫刺されも増えてくる季節ですが、これを掻き崩してしまってもシミの原因となります。痒み止めを使用するかひどい場合は皮膚科を受診しましょう。

秋のお肌へのスキンケア・アドバイス

過ごしやすい安定した季節の秋ですが、夏の強い日差しにさらされた肌は疲れがたまっています。秋こそスキンケアを重視しなければいけません。

秋の肌

秋の紅葉

血液の循環もよく皮脂腺、汗腺の働きも順調になります。天然のクリームでもある皮脂膜がきちんと作られて潤いを保ちます。


反面、夏に受けた日焼けやシミに悩む人も出てくる季節です。冬に向かって気温が下がり、徐々に空気も乾燥するので順調だった血液循環が鈍くなり、皮脂や汗の量も減ってきます。


乾燥しやすい目元や口元、頬にかさつきが出始める季節です。

秋のスキンケア

お肌の口周りをタオルで拭いている女性

気温が徐々に下がりますので皮脂の分泌が減少するので、保湿効果のあるスキンケアに切り替えていきます。脂っぽくなりがちなTゾーンには収れん化粧水を、他の乾燥している部分には乳液や美容液を部分別に使うなどしてスキンケアしていきましょう。

冬のお肌へのスキンケア・アドバイス

気温がさがり、血液の循環が悪くなります。冷たく乾燥した風にあたったり、暖房により肌が乾燥する季節です。本腰を入れて保湿をしましょう。

冬の肌

冬の田舎の建物と木

気温が低いために血液循環の低下、皮脂腺と汗腺の働きも鈍くなり、肌荒れしやすい状態です。


暖房の影響を受けて角層の水分が奪われてしまい、一番乾燥してしまう季節です。


冬のスキンケア

頬にタオルをあてて肌をふいている女性

スキンケアは保湿に重点をおきましょう。暖房は外気の乾燥した空気よりも肌を乾燥させますので、オイリー肌の人もしっかり潤い対策でスキンケアをしましょう。血液循環がよくなると肌の働きも高まるので、マッサージやパック、マスクなどを組み合わせてスキンケアしていきましょう。目元や唇などのデリケートな部分は特にシミやたるみが生じやすいので気をつけてスキンケアをしましょう。

環境と肌の関係
環境と肌の関係について話している女性

季節の環境ごとの温度・湿度・紫外線のほかにも肌に影響を及ぼす環境があります。


排気ガスや土ぼこりなどの外気の汚れですね。これは季節を問わない肌ストレスの原因になります。外気の汚れが毛穴を詰まらせて黒ずみが出て、にきびや吹き出物の原因となります。
帰宅したら洗顔をして毛穴を清潔にするのが望ましいですね。洗顔後は化粧水で地肌のキメを整えて水分を与えてあげましょう。マッサージで新陳代謝を高めてあげるのも良い方法です。


スキンケアが1年中同じ方法ではないことがおわかりいただけましたか?
ぜひとも最後までしっかり読んで、美肌作りにお役立てください。



ページの先頭へ