普段からの対策で毎日バッチリ!敏感肌
  1. HOME
  2. 肌の悩み
  3. 敏感肌

敏感肌

敏感肌といっても一時的になる人や普段から敏感肌の人などがいます。敏感肌の人は、使ってみたい化粧品も使えない、新しく出た商品も怖くて使えないという人がいます。季節の変わり目や、体調によっても敏感肌になってしまい大変な思いをしている人も大勢いるようです。

敏感肌とは

敏感肌は年齢に関係なくみられ、紫外線などの外的刺激によってかぶれや肌荒れなどを起こしてしまう肌のことです。角質層で水分が不足したり、皮脂分泌が正常に行われていないと正常な皮脂膜が作られなくなり、色々な刺激に対しての肌の感受性が高くなってしまいます。
敏感肌は、角質層にあるセラミドが足りなくなって水分が足りなくなり、皮膚のバリア機能がさがってしまいます。バリア機能がさがることによってアレルギーの元となるアレルゲンが肌に侵入しやすくなったり炎症なども起きやすくなります。敏感肌によく見られるアレルギー体質は特定物質に対して敏感に反応してしまい、皮膚に接して起こる皮膚炎の物質を接触性アレルゲンといいます。
敏感肌は体質や遺伝からもなり、原因となっているアレルゲンを特定するためにも皮膚科で検査をしてもらいましょう。敏感肌でアレルギーが出るきっかけとして、洗顔のときやクレンジングのときにゴシゴシこするようにして洗ったために、それが刺激となってかぶれてしまう場合、肌に合わない洗顔料や化粧品で肌荒れを起こしてしまう場合などがあり、炎症や痒みを伴う場合もあります。

乾燥肌と敏感肌

乾燥肌と敏感肌、どういうつながりがあるのでしょうか。乾燥肌は常に肌が乾いた状態にあります。乾燥肌の状態だと新陳代謝も衰えてきて、外からの刺激から肌を守る働きも低くなっています。そんな肌状態のときに色々な刺激に合うと、益々肌が乾燥したり痒みが生じたりします。こうして普通の肌よりも回復が遅く、敏感肌に移行していき、刺激に弱い肌へとなってしまのです。ですから、いきなり敏感肌になるというよりも、乾燥肌を経て敏感肌へとなる人が多いのです。

乾燥性敏感肌

上に述べた乾燥肌と敏感肌が一緒になった肌を乾燥性敏感肌といいます。肌がカサカサと乾燥しやすくなっている上に、肌も敏感な状態になっていることです。乾燥してバリア機能の低下している肌に、外部刺激を受けて肌荒れやアレルギーを起こしてしまう肌です。

敏感肌のスキンケア

敏感肌のスキンケア 出典:http://dietbcc.jp/skincare/allinone/

敏感肌の人には、その肌の特徴にあわせた洗顔方法や保湿の仕方があります。上手に自分のお肌と付き合っていきましょう。

クレンジング

敏感肌でのクレンジングは洗い流しタイプのクリームがいいでしょう。クレンジング効果の高いオイルタイプだと敏感肌には刺激になってしまいます。短時間でクレンジングを終わらせるようにしましょう。そのためには手に取ったクレンジング剤を軽く体温で温めてから顔にのせてあげるとメイクともなじみやすく、クレンジングが短時間で終わります。なじませるように肌にのせたら軽くマッサージするようにしてクレンジングしましょう。もちろんすすぎは十分にぬるま湯で行います。

洗顔

敏感肌の洗顔料は無添加のものを使いましょう。合成界面活性剤が入っていると必要以上に肌の保護膜を溶かしてしまいます。これはシャンプーやリンスなどに入っているので顔などに付着しないように注意しましょう。手作り石鹸も自然派のものが多いのですが、使われているオイルには注意しましょう。植物性オイルであれば問題はないのですが、動物性オイルを使用している場合、敏感肌を刺激するものが含まれているため、使用は避けたいものです。洗顔法は、どんな肌にも共通していえることですが、泡たてネットで十分に弾力のある泡を立てて、撫でるように洗います。決してこするようなことはしないでください。汚れが浮いて、泡が吸着して落としてくれます。ぬるめのお湯で十分にすすぎ、泡が残りがちな小鼻の周りや髪の毛の生え際なども十分にすすぎましょう。

保湿

敏感肌への保湿はセラミドが配合された化粧品がいいでしょう。角質層のセラミドが足りなくなってバリア機能が落ちてしまいますので、セラミド配合の化粧品でしっかりスキンケアします。いくらセラミド配合だからといって、微々たる量でもセラミド入りをうたう商品もあります。選ぶポイントとしては1〜2%が適量とされていますので、注意して化粧品を選びましょう。保湿のスキンケアはお風呂あがりが効果的です。入浴して肌に水分がたっぷりと入っていてもすぐに蒸発がはじまり、お風呂で肌にたっぷり水分が入った以上に蒸発してしまいます。できれば入浴後10分以内にスキンケアをしてしまいましょう。敏感肌での化粧水はコットンを使ってパッティングすることは避け、手でつけるようにします。コットンを使用する場合はたっぷりと化粧水を含ませて、ローションパックするようにするとかなり効果的です。

敏感肌のファンデーション選び

敏感肌の基礎化粧品などは様々あり、自分なりに選ぶことができます。悩むのがファンデーション選びですね。どのようなファンデーションを使用するといいのでしょうか。
クリームタイプやリクイドタイプだと、パウダータイプよりも肌へのしっとり感が違うため使用する人が多いのですが、配合されている乳化剤が肌への刺激となる場合がありますので敏感肌の人はケーキ型やパウタータイプを使用しましょう。肌への刺激となる乳化剤が入っていなかったり、入っていてもほんのわずかです。パウダーなどが肌水分を吸着する性質はありますが、メイクの前に保湿クリームや美容液などでしっかり保湿対策ができていれば問題ないでしょう。もちろんファンデーションをつけるときに、パフでゴシゴシこすってはいけません。敏感肌だからといってメイクもできないでいるのは女性として悲しいことですよね? しっかり知識を身につけていれば怖がることはないのです。


関連キーワード


ページの先頭へ