保湿を高めて対策したい。乾燥肌
  1. HOME
  2. 肌の悩み
  3. 乾燥肌

乾燥肌

肌が乾燥するといえば空気が乾いている冬を連想しますね。確かに乾燥の季節はありますが、私たちの生活環境を見渡すと昔とは違い機密性の高い家屋にコンクリートのビル、いつでも冷暖房の効いた室内などと、冬に限らず1年を通して乾燥の落とし穴は潜んでいるのです。

乾燥肌とは

肌の断面図

大きな口を開けたら口角が裂けそうになる、顔が真っ白になって粉をふいたようになっている。乾燥肌になると肌から水分がなくなりカサカサになります。

肌の角質層から水分が少なくなっていたり、皮脂の分泌が足りていない状態ですね。この状態のまま放っておくと肌荒れがどんどん進んでシワの原因になってしまいます。


乾燥肌は痒みの原因にもなります。この角質層はバリアー層とも言われていて、肌を守ってくれる働きがあります。肌を守るということは乾燥させないということです。

角質層にある天然保湿成分のNMFがたくさん含まれていれば保湿力も高くなり、潤いのある肌を保つことができます。

このNMFが少なくなると肌のバリアー機能が低下し、乾燥した空気などで角質がはがれやすくなってしまいます。角質がはがれると白くカサカサして見えます。このNMF不足で皮膚の表面が乾燥してしまうのです。

乾燥肌対策

乾燥肌の対策は化粧品などでスキンケアする方法と、日頃の生活の中で気をつけることがあり、どちらも併せて実行してみると良いでしょう。化粧品でのスキンケアと日常での注意点を学習していきましょう。

乾燥肌の化粧品

乾燥肌にはヒアルロン酸などの保湿効果のある成分の入っている化粧品を使います。(保湿成分は別項にて紹介しています)化粧水は必ず使用しましょう。化粧水を使用することにより、そのあとにつける化粧品の成分が肌に入りやすくなります。化粧水をコットンで丁寧にパッティングしたら化粧水の保湿成分を余すところなく肌に入れるために手のひらで肌を押さえます。その後乳液、美容液をつけたあと、クリームを塗って肌に入れた保湿成分に蓋をしてあげましょう。メイクの時も使用するファンデーションはリクイドタイプのものがおすすめです。乾燥肌の人は敏感肌でもあることが多いのですが、スキンケアのポイントとして

40度以上の熱いお湯で皮膚を洗わない
タオルで皮膚をこすらない(上から押さえるようにしましょう)
硫黄入りのものは入浴剤を含めて使用しない(乾燥に拍車がかかります)

この3点を守りましょう。余談ですが、乾燥肌は角質層の水分が10%以下になると弾力やなめらかさがなくなり、カサつきや肌荒れが起こります。シワにならないためにも保湿のスキンケアが大切ですね。

日常の乾燥肌対策

空気が乾燥していると感じたら加湿器などを使用しましょう。スプレーボトルに入れた化粧水を吹きかけるのも良いでしょう。エアコンや暖房の風を直接浴びることも乾燥肌の原因になります。入浴時も熱いお湯を浴びると必要な皮脂まで流れ落ちてしまいますので、ちょっとぬるいかなと思うくらいの温度にしましょう。適度な運動も大切です。運動することにより血液の循環がよくなります。血液の循環がよくなると肌の働きもよくなりますので乾燥肌を防ぐことができます。また、食事の栄養バランスがとれていると肌も活発に働きますので乾燥肌を防ぐ要因の一つとなります。

乾燥肌と尿素

尿素

乾燥肌には尿素がいいとよく言われますが、どうして尿素が乾燥肌に効果的なのでしょうか。

私たちの皮膚の中、角質細胞の中には元々尿素が含まれています。

おおよそ20〜30%と言われていますが、化粧水などに入れられている尿素は3%と決まっています。保湿効果が高い理由は、乾燥肌は皮膚表面がカサカサした状態です。

尿素を肌に与えることにより、体の表面に水分を上げてくれる働きがあります。元々持っている水分を上げるので保湿効果が高いのです。

では、体の水分を使って保湿してくれる尿素と反対に、水分を作ってくれる成分はないのでしょか。それはγオリザノールですね。

年配の方などは皮膚に水分が不足しがちなのでγオリザノールの入った化粧品が良いでしょう。乾燥肌に尿素も良いのですが、子供や年配の人が使うと刺激が強すぎる場合もありますので注意が必要です。

乾燥肌を克服

しっかりスキンケアを行えば乾燥肌は克服できます。年配の方でもシワ一つなくツヤツヤツルツルした肌の方がいらっしゃいます。聞くと若い頃からスキンケアはしっかりしているそうで、年を重ねても乾燥肌知らずなんだそうです。基礎がしっかりしていて、それを継続しているからこそ肌が綺麗になるのですね。今からでも遅くありません。自分を磨いてみませんか?


関連キーワード


ページの先頭へ