黒ずみや気になる部分をケアしよう!毛穴
  1. HOME
  2. 肌の悩み
  3. 毛穴

毛穴

毛穴が開いているとメイクをしても肌が滑らかに見えず、年齢より老けて見えますし肌も汚く見えてしまいます。鼻の頭の毛穴が黒ずんでいるのもそうですね。女性であれば誰でも綺麗に見られたいものです。一度開いた毛穴はもう閉じることはないのでしょうか。

毛穴とは

顔の毛穴は毛が生えるためだけのもの、産毛がなくても毛穴は残るし毛がないのであれば必要ない。なんて思っていませんか。毛穴は確かに毛が生えてくる場所ですが、そのほかにも皮脂を出すという役割もあります。
毛穴から分泌される皮脂によって肌が保護され、水分も保たれて肌に潤いを与えます。顔に20万個あるという毛穴ですが、大事な役割を持っているのですね。
この毛穴が詰まってしまったり開いてしまうと見た目にもよくありませんし、様々な肌トラブルを招いてしまいます。

毛穴トラブル

毛穴が開いていても黒ずみがあっても痛くもなければ痒くもありません。見た目の悪さだけで自覚症状がないのが厄介なところです。そのまま毛穴ケアをしないで放っておくとにきびや吹き出物の原因になります。化膿してしまうとメイクも満足にできなくなりますので、毛穴が気になりだしたらきちんとしたケアが必要です。

目立つ毛穴

毛穴が大きく開いてしまい、パウダーファンデーションを使うとポツポツ穴が開いたように見えてしまい、毛穴カバーの化粧品を使わなければ誤魔化しきれないものです。肌質が大いに関係してくる毛穴状態ですので、毛穴ケアはもちろんのこと、体の中からのケアが重要になってきます。

盛り上がった毛穴

ポツポツと盛り上がった毛穴は毛穴がふさがれて盛り上がった状態のものです。ターンオーバーが正常に働くと改善されることが多いでしょう。ターンオーバーを正常にし、肌の新陳代謝を活発にするためにも睡眠不足にならないように注意し、ターンオーバーを促すビタミンAやB群を多く摂るようにしましょう。

黒ずみ毛穴

鼻の頭に多いのがこのタイプの毛穴です。心情的にはがすタイプの毛穴シートやスクラブ入りの洗顔料でゴシゴシこすりたいのもわかりますが、これではかえって逆効果で肌を荒らしてしまいます。洗顔でもしっかり毛穴の黒ずみは取れますので無理にしぼって取り除いたりしないようにしましょう。

雫状に開いた毛穴

ダラリと開いてしまった毛穴は老化や肌弾力がなくなったために起こります。コラーゲンやヒアルロン酸が少なくなるために起こる毛穴の状態です。保湿を心がけるとともに、コラーゲンなどを含んだ食品を摂るようにしましょう。

毛穴の開きケア

毛穴のトラブルの対策として、皮脂を落としすぎずに不要な汚れだけを落とすこと、保湿よりも保水を意識する化粧品を使いこと、アミノ酸をしっかり補給して保湿することが挙げられます。そのためには何分もかけて洗顔をしない、しっかりすすごうとするあまり、何十回も顔をすすいでしまう、熱いお湯での洗顔などは避けましょう。化粧水もたっぷりつけたつもりでも、つけ方が間違っていると意味がありませんし、保湿を意識しすぎて乳液やクリームをつけすぎても毛穴を押し広げてしまうことになります。

毛穴の詰まりケア

毛穴の汚れを落とす洗顔料を使いましょう。ゴシゴシこすったりするのはもってのほかです。最近流行っている拭き取りシートタイプのクレンジングだと、汚れを毛穴に詰めてしまいますので、毎日の使用はやめましょう。はがすタイプの毛穴シートも肌に負担をかけてしまいます。できれば使用しない方がいいでしょう。

毛穴の黒ずみケア

毛穴対策で一番気になるのは鼻の頭ではないですか? 鼻の頭に黒ずんだ毛穴なんて汚れたイメージで嫌ですね。この黒ずみの正体は毛穴に詰まった汚れが酸化して、毛穴の周りに色素沈着を起こしたものです。毛穴の詰まりが気になるからといって、指でつまんで角栓を出すようなことは絶対にやめましょう。益々毛穴に汚れが入りやすく、詰まりやすくなってしまいます。蒸しタオルで肌を柔らかくしたあとに、毛穴の汚れを落とすタイプの洗顔料で洗いましょう。肌を柔らかくするためにも保水に気をつけます。代謝を促進することも重要となります。時間のかかるケアですが、根気よく続けていきましょう。


関連キーワード


ページの先頭へ