乾燥したり、脂っぽくなったり・・・。混合肌
  1. HOME
  2. 肌の悩み
  3. 混合肌

混合肌

混合肌だとスキンケアになにを使っていいのか迷いますね。乾燥しているところや普通肌のところ、オイリーなところが混じっていて一体どんな手入をすればいいのかわからなくなります。原因と対策を追求していきましょう。

混合肌とは

毛穴

混合肌は厳密にいうといくつかに分けられます。「乾燥肌」+「普通肌」、「普通肌+オイリー」、「乾燥肌」+「オイリー」となりますが、混合肌といえば多くは脂っぽいところとカサつくところがある混合肌でしょう。頬とTゾーンの肌質の違う人が多いようです。

それではどんなスキンケアをすればいいのでしょうか。顔全体の肌質が部分によって違うのに、同じ基礎化粧品を使ってもいいものなのでしょうか。

混合肌の原因

混合肌は乾燥肌と並んで肌トラブルの症状として多いようです。混合肌の原因として考えられるのが、季節の変わり目や生理の前後のホルモンバランスの乱れが挙げられます。そのほかにも生殖機能が落ちているときも混合肌になりやすい傾向があります。Tゾーン以外が脂っぽい場合は内臓の働きが落ちていると考えられます。Tゾーンが脂っぽくなるからと、洗顔のときに重点をおいて一生懸命こすっていませんか? それでは逆効果で益々Tゾーンだけ脂っぽくなり、混合肌がいつまでたっても改善されません。

混合肌の洗顔

混合肌のあなた、洗顔はどうしていますか?モコモコの泡を立ててちゃんと洗っているのに、どうしてTゾーンだけこんなに脂っぽくなるんだろうと思っていませんか?手に取った洗顔料の泡、最初に肌にのせるのはどこでしょう。多くの方は頬から最初に洗顔を始めるのではないでしょうか。一番最後に鼻をゴシゴシなどとしていませんか?乾燥しやすい頬をすすぎまでの間、洗顔料をつけたままにしているだけで乾燥する要因になってしまいます。今日からは鼻とTゾーンを最初に洗い始めるようにしましょう。もちろん優しくなでるようにして洗ってください。必要以上の皮脂を洗い流してしまうとそれ以上に皮脂が出てしまいます。乾燥している頬の皮脂を出したいからといって、余計にこするのも禁物です。乾燥している肌を乱暴に扱うと益々肌荒れになってしまいます。

混合肌の基礎化粧品

混合肌だと化粧水ひとつをとってみても、何を使っていいのかわからないでしょう。乳液や美容液だと気になる部分だけにつければいいのですが、化粧水となるとちょっと悩んでしまいますね。肌の基本となるのは保湿です。保湿がしっかりされていると、肌も瑞々しくふっくらとなり、皮丘がふっくらすることにより毛穴も引き締まります。皮脂が出るのは毛穴の中にある皮脂腺から分泌されます。肌の水分を担う真皮の中にはみ出すようにしてある皮脂腺は、肌に水分が入ると皮脂腺の袋の大きさも正常になりますので、肌の水分バランスも皮脂分泌もよくなります。混合肌だと、オイリーな部分に合わせて化粧水を使いがちですが、さっぱりタイプのものよりもしっとりタイプのものを使い、パッティングを十分にしましょう。

混合肌のファンデーション

混合肌で悩むのが化粧水などのほかにやはりファンデーションですね。Tゾーンの脂浮きでメイクがそこだけ崩れてしまうのが混合肌の方の悩みでしょう。目に見えるものですので基礎化粧品よりも悩んでいる方は多いかもしれません。かくいう自分も混合肌です。それでは元BAの私から混合肌の方へのファンデーションのアドバイスです。使用するファンデーションは固形タイプのものではなく、ジェルタイプのものがお勧めです。固形ですと乾燥しがちな頬などが気になりますしリクイドタイプだとTゾーンのべたつきが気になりますね。固形でもエッセンスインのものが販売されていますが、できればジェルファンデーションの方がTゾーンの崩れは少ないでしょう。もちろんファンデーションだけでは混合肌のメイクはうまくいきません。普段からのスキンケアが基本となりますので、しっかりと手入をして混合肌を改善していきましょう。

混合肌メイク

自分も長いこと混合肌で悩んでいました。BAの仕事につき、間違った洗顔や商品選びに気づき、自分なりに試行錯誤してなんとかメイクの崩れを最小限で抑える努力もしてきました。

私の方法を紹介しましょう。私の肌タイプは「普通」+「オイリー」の混合肌です。乾燥はあまりありませんので、化粧水は普通肌用を使用します。毛穴を引き締めるためにもパッティングは入念に行います。

メイクベースも普通肌用を使いますが、Tゾーンには脂浮きを抑えるジェル状のスポッツを使用しています。ジェルファンデーションは指先でトントンと叩くように肌に乗せていきます。指で伸ばすことはしません。

仕上げはフェイスパウダーを使用します。パウダーが余分な皮脂を吸着してくれる役割も果たす優れものなのです。

もちろん固形ファンデーションを使ってもいいのですが、肌の透明感も出し、余分な皮脂まで吸い取ってくれるのであれば、フェイスパウダーを使わない手はありませんよね。もちろん全く脂浮きしないわけではありません。こまめに余分な脂分を抑えるのも大事なことですよ。


関連キーワード


ページの先頭へ