過度な日焼けが主な原因。シミ
  1. HOME
  2. 肌の悩み
  3. 肌のシミ

シミ

日焼けのしすぎでシミ、できていませんか。できてしまったシミはどうしてますか。メイクの上からでもわかる顔のシミ、コンシーラーを使わなければ隠れないシミ、シミは努力次第で薄くなります。諦めないで少しでもシミを薄くしていくようスキンケアしてみましょう。

シミの原因

過度の日焼けはメラニン色素の増加につながりシミの原因になります。メラノサイトという色素形成細胞は刺激を受けるとメラニン色素を作ります。紫外線によって刺激されることでシミができるということです。肌のターンオーバーが順調であれば垢となって自然に肌から剥がれ落ちますが、表皮に異常なメラノサイト群ができるとシミになってしまいます。紫外線のほかにもホルモンバランスの乱れや生活環境、加齢などが挙げられます。

紫外線

紫外線を長い時間浴びたり、繰り返し浴びることにより、異常なメラノサイト群が増えてシミができます。これを全身に応用しているのが日焼けサロンです。

ホルモンバランス

妊娠中などは特にホルモンバランスが崩れやすく、メラノサイトが活性化して増え、このときに紫外線を浴びるとシミになりやすくなります。妊娠するとシミができやすいというのはここからきています。

加齢

加齢と共に新陳代謝も落ちてきます。ターンオーバーがスムーズにいかなければメラノサイトが肌に留まることになるのでシミになってしまいます。老人の顔に大小のシミができるのはこういうわけなのです。

シミのスキンケア

シミの元となるメラニンを含むいらない角層を取り除き、シミに効果のある化粧品を使って肌のモイスチャーバランスを整えます。そしてシミの大敵の紫外線から肌を守らなければいけません。


紫外線をなるべく浴びないようにし、場所や時間を考慮して外出する。UV効果のある化粧品を使用する。
入浴時や入浴後に肌の新陳代謝を高めるためにマッサージなどを行い、リラックスする。
新陳代謝に効果のあるマスクやパック、美白効果のある化粧品や保湿効果のある化粧品を使用する。
たんぱく質やビタミンC、ターンオーバーを促すビタミンAやEを多くとる。
睡眠不足を避け、規則正しい生活をする。

※ビタミンA〜レバー、チーズ、のり、パセリ、人参など  ビタミンC〜レモン、キウイ、いちご、ブロッコリーなど  ビタミンE〜アーモンド、落花生、マヨネーズなど

紫外線によるシミ

年齢を問わずにできるシミの原因が紫外線です。紫外線による肌の状態は3つに分けられます。

サンバーン

紫外線UV-Bの影響で起こり、短時間での日焼けにより肌が真っ赤になりヒリヒリしてやけど状態になります。ひどい場合は水ぶくれができます。

サンタン

サンバーンの状態のあとに新しいメラニンが増えて肌が黒くなることです。ターンーバーが正常であれば徐々に薄くなります。

光老化

紫外線が真皮の奥まで入り込み、長期間・長時間かけて起こるしわやシミの原因が光老化です。長時間紫外線を浴びることで着実にシミが増えてきます。これにより、真皮のコラーゲンやエラスチンが破壊され、肌の弾力も奪われてしまいます。

日焼け止めの数値の見方

日焼け止めの数値をサンケア指数といいます。UV-Aはガラス窓も通過しますので、家の中でも日焼けしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

SPF(Sun Protection Factor)

UV-Bを防ぐ効果を数値にあらわしたものです。数値が高いほどUV-Bを防ぐ効果が高くなります。

■ 日常生活〜SPF10
■ レジャーや屋外での軽いスポーツ〜SPF10〜30
■ 炎天下でのスポーツ、海外リゾート、海水浴〜SPF30〜50+

PA(Protection grade of UVA)

UV-Aを防ぐ日焼け止め効果を3つの段階に分けたものです。

■ 日常生活〜PA+
■ レジャーや屋外での軽いスポーツ〜PA++
■ 海や山でのレジャー、海外リゾート〜PA+++

レーザー治療

化粧品で根気よくシミを薄くするのではなく、一刻も早くシミをなくしたいのであれば、皮膚科の専門医にレーザー治療でシミを取り除いてもらう方法があります。レーザーの光はシミの部分にのみ反応し破壊します。レーザーに反応した部分は軽度のやけど状態になりますが、徐々に乾燥していき、1〜2週間で剥がれ落ちます。レーザーが効きにくい体質や場所によって取り除くのが難しいシミもありますので皮膚科の医師に相談してみましょう。

シミに効果があるといわれる海外のホワイトニングクリーム

フェイスマスクシート

密かな人気がある海外製品のホワイトニングクリーム。シミが薄くなる利用者もいて人気があります。ですが、成分が強いため注意事項を確認する必要があります。

シミを薄くする前に悪化させるケースもあるので、注意が必要です。日中は使わない、保湿を充分にとる、目の周りにはつけない等、炎症がおきたらすぐに使用をやめる事が必要です。

気になる商品がある場合はモニターを参考に選びましょう。肌はデリケートなので自分にあったクリームを選びましょう。

出典:http://dietbcc.jp/skincare/shimi/



ページの先頭へ