口元や目元にできやすい。たるみ
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. 肌のたるみ

たるみ

30代後半に差し掛かり、気がつくと口元や目の下にたるみがあって鏡の前で愕然と…、なんてことになったら大ショックですね。しわもたるみも20代からのスキンケアが重要になってきます。今はまだ若いから、肌も綺麗だからと油断していたら年齢を重ねるにつれて後悔することになってしまいますよ。

たるみの原因

たるみが一番気になる場所といえば頬や目の下と口元ですね。ここにたるみがあると何歳も老けてみえます。肌を支えているコラーゲンやエラスチンなどが真皮から減少していくと、重力に逆らえずに肌が下へ下へと落ちていき、たるみとなってしまいます。脂肪を支える筋肉の弱まりによってたるみが起こり、マッサージで筋肉を鍛えることにより、たるみを改善することができるとする説もありますが、たるみの原因はコラーゲンやエラスチンの減少のせいであり、筋肉ではありませんのでそれは間違いです。

頬のたるみの原因

頬のたるみがあるとブルドッグのような顔になってしまい、かなり老け顔になってしまいます。老化が原因と考えられてきましたが、最近では20代の若い世代でも頬のたるみが見られる人がいます。表情筋を使わないせいだという説もありますが、やはりスキンケアに一番の問題があることが多いのです。やはりコラーゲンやエラスチンが減少していると乾燥しやすく、ハリがなくなるためにたるみとなります。また、年齢と共に顔の脂肪も減りますのでそれも原因の一つとなります。脂肪が減り頬がたるむと結果的に皮膚が下に引っ張られるので目も窪んだ感じになり、益々老け顔になってしまうのです。

目の下のたるみの原因

自分はまだ若いから目の下にたるみなんてないと思っていませんか? 自覚がないだけで、目には見えないたるみが生じていることがあります。目の下のたるみの原因の多くは脂肪によるものです。目には見えないたるみを自分でチェックしてみましょう。上を向き、口を大きく開けます。指でつかめる部分はありますか? つかめることができたら、それはたるみの部分です。肌のハリがなくなってきていますよ。

たるみ解消法

乾燥肌はそうしてもしわやたるみが生じやすくなってしまいます。保湿を心がけましょう。紫外線を浴びることも肌の老化を助けることになってしまいますので注意します。メイクの時もUV効果のあるものを使い、抗酸化物質を化粧品や食品からとるようにします。コラーゲンの生成を促すたんぱく質とビタミンCを意識して多めにとります。コラーゲンドリンクやコラーゲン配合の化粧品は使わないよりはいいというくらいで、できれば普段の生活を改善してホルモンバランスを正常に保つことこそがなによりの改善への近道になります。新陳代謝を活発にすると体の機能も正常に近づいてきます。軽い運動をすることも大切ですね。姿勢を正しく保つことも大切です。いつもうつむき加減で重力にまかせた姿勢ではたるみがでるのも当たり前ですね。髪の毛をポニーテールにすると一時的にもリフトアップするのでちょっとだけ誤魔化したい時の奥の手として実行してみましょう。

25歳はお肌の曲がり角?

こんな症状があったら要注意
出典:http://dietbcc.jp/skincare/hadanotarumi/

「25歳はお肌の曲がり角」の言葉はいまや肌状態を示す代名詞みたいになっていますが、昔の化粧品のキャッチコピーです。この年を境に弾力やハリが徐々になくなってきて、肌の老化もスキンケア次第では加速度をつけて進んでいきます。約10年後の35歳から50代にかけては閉経にむけてホルモンバランスも崩れていきますので、20代だからと油断はせずにしっかりとたるみやしわの対策はしておきましょう。しわやたるみができてから慌ててケアするよりも、出る前からスキンケアしておいた方がしわもたるみも少なくて済み、年齢よりも若く見られるでしょう。20代半ばをすぎたら、肌の状態をチェックして、肌年齢に合ったスキンケアをしていくことで10年先に笑える自分がいるのです。


関連キーワード


ページの先頭へ