重要なビタミン物質です!ビオチン
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. ビオチン

ビオチン

ビオチンは肌に良いもので実はビタミンHのことをいいます!肌のトラブルにとって重要なスキンケアには欠かすことのできない物質になります。ビオチンのことをもっと詳しく知って、いつまでも若々しい肌で笑っている自分を作りましょう!

ビオチンとは?

ビオチンはビタミンHのことで、水溶性のビタミンB群になります。肌にはビタミンB群は大切な成分になります。ビオチンは肌に栄養と老廃物の処理を行います。肌あれは栄養が不足し細胞分裂がうまくできないことでおきます。ビオチンは新しい肌を作るために必要な栄養なのです。現在はアレルギーで悩んでいる人は多く原因としては「ヒスタミン」の過剰な分泌によるものです。ビオチンはその過剰に分泌するヒスタミンを抑える働きがあります。ビオチンが不足するとコラーゲンを作る機能が低下し、皮膚炎を引き起こします原因にもなります。

ビオチンの効果

ビオチンが効果を出すのは肌あれや抜け毛や疲労回復になります。ビオチンは食品におおく含まれているので基本的に不足するはずはありません。

しかし最近では腸内が活発に活動していない乳幼児などのビオチン不足が判明しています。ビオチンをきちんととることのよってブドウ糖や脂肪酸やアミノ酸の代謝をよくし、免疫を高めコラーゲンを作り出す機能を高めます。


そのことのよって肌あれや脱毛、疲労感を改善してくれます。ビオチンを食品で摂る場合は多く含まれるものとして、大豆や卵黄、豚レバーなどに多く含まれます。ほかにも落花生やイワシなどの食品にもビオチンは含まれています。

ビオチンとアトピー

アトピー(アトピー性皮膚炎)は子供などに多くみられますが、その原因として幼児はビオチンを作る機能が低く吸収率も低いのが原因の一つになっています。ビオチンが不足することによって皮膚形成が低くなり、アトピーの炎症がひどくなると言われています。アトピーの治療に幼児にビオチンを補給すると皮膚の炎症が改善されることがわかっています。アトピーはヒスタミンによって炎症をおこしますが、ビオチンはそのヒスタミンを体の外へ出す働きがあります。

ビオチン散とは食品などから摂取できずに、ビタミンB群が足りなくなってしまったときに出される薬になります。特に掌蹠膿疱症やアトピーなどの皮膚の炎症を抑えるためにものです。日本でビオチン散を手に入れる場合は医師と相談してからの処方になります。ビオチンは皮膚のトラブルだけではなく糖尿病の薬としても考えられ、色々な症状に効果がみられます。ビオチン散を正しく飲み健康で美しい肌を取り戻しましょう。

ビオチンサプリメント

ビオチンを使ったサプリメントは美肌のビタミンとして注目をあびています。ビオチンは本来不足する成分ではありませんが、過剰な卵白の摂取などによってビオチンとたんぱく質が結びつき、吸収の妨げになってしまいます。ビオチンの1日の摂取量は大人で30マイクログラムになります。食品にて摂取することが理想的ですが、なかなか毎日摂るというのは難しいものになりますのでサプリメントなどで補ってあげることも良いでしょう。

ビオチンの話題

ビオチンは肌にとって良いものなのは良くわかりましたか? アトピーなどの薬としても使われる成分のビオチンはある有名な女優さんが皮膚病になってしまった時にビオチンでその皮膚病を克服したことがあり、ビオチンの名前が知られるようになったきっかけにもなったのです。このビオチンはターンオーバーの大切なもので若い肌の生まれ変わらせる力のある成分です! 肌あれや敏感肌などの炎症を抑える効果があります。ビオチンで体の中から美しい肌と健康的な体を作っていきましょう!


関連キーワード


ページの先頭へ