肌年齢が気になる方には。コラーゲン
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンという言葉は皆さん聞いたことがあると思います。このコラーゲンとはいったいどんなものなのでしょうか。その効果は人間にとってのどのように物なのか、お肌にとっての効果とはどんなものなのでしょうか。

コラーゲンとは?

コラーゲンとは、生きている動物の体の中にたくさん含まれているタンパク質になります。

体の中のタンパク質全体の20〜30%の割合になります。その全体の40%が皮膚で、20%は骨や軟骨などになります。



コラーゲンは体内の臓器を形成する材料としての働きをします。人間の体の中ではコラーゲンが常に働いていて、年を重ねることで働きのバランスが崩れて分解の働きが多くなります。コラーゲンの分解だけが起こり作られることがなくなると肌の再生能力が崩れています。

コラーゲンと肌

コラーゲンは細胞にとってとても大切なものなので、コラーゲンの働きを高めると細胞の新陳代謝が良くなる、代謝が良くなるということは肌にも良い効果が現れます。皮膚は一番外側から表皮・真皮・皮下組織の構造になっています。

日ごろ私たちが目にするのは一番外側の表皮になります。しかし本当の皮膚とは二番目の真皮の部分になり、真皮は20歳を越えるとどんどん薄くなってしまうのです。

真皮は全体の70%をコラーゲンで保たれていて、コラーゲンの代謝が悪くなるとコラーゲン同士の結びつきが変形を起こし水分を保つ場所を狭めていきます。その結果水分を減り保湿効果が落ち、ハリのない乾燥した肌を作ってしまい乾燥した肌はシワの原因になってしまうのです。コラーゲンと肌は密接な関係にあるのです。

コラーゲンの効果

コラーゲンを取ることによって得られる効果として、ハリのある肌・美しい髪などがあります。コラーゲンだけを取っても効果的ではありません。さまざまな栄養分と共にコラーゲンも補給してあげなくてなりません。コラーゲンと共に取ると効果的なものはビタミンCになります。ビタミンCは体内でコラーゲンを作るときに必要な物質になります。コラーゲンの効果は肌だけではなく女性のお悩みの骨粗鬆症の予防や全身を若返らせ健康的な体を作り老化を遅くしてくれます。

コラーゲンを食べる!

コラーゲンはサプリメントなどでも摂ることができますが、やっぱり食事で摂ることができるのが一番になります。サプリメントに使われるコラーゲンは牛や豚などのコラーゲンを使っています。口から摂ってコラーゲンは「肌が良くなった!」「髪にツヤが出た!」などの効果もみられます。コラーゲンの働きは弱った体を回復する力があります。しかし化粧品に含まれるコラーゲンは肌になじみやすく、保湿として使われる物で、肌から浸透するのではないのです。このことからコラーゲンは食事などの経口摂取が好ましいのです。

コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンが含まれる食べ物と思い出すのが鶏肉です。鶏肉は軟骨などのコラーゲンが多く含まれています。また皮や手羽先にたくさんのコラーゲンが含まれています。長寿で知られる沖縄などでたくさん食べられる豚などの豚足などにもたくさんのコラーゲンが含まれています。その他にはフカヒレやうなぎ、なまこなどのも含まれています。美しいハリとツヤのある肌のために1日にたくさん食べるよりも毎日少しずつ定期的にたべることをお勧めします。

コラーゲンと一緒に!

コラーゲンも他の成分とあわせることで、肌に更に効果的な成分があります。一緒に接種したい成分を紹介します。

コラーゲンとヒアルロン酸

お肌の美しさに忘れてはならないのがヒアルロン酸です。このヒアルロン酸とコラーゲンの二つの物質を使うことで肌のツヤ、ハリなどを保つことができます。ヒアルロン酸は美容や外科治療などに使われる成分で、肌の弾力を引き出しヒアルロン酸とコラーゲンの二つの力でより効果的に美しい肌を作りあげるのです。

コラーゲンとアミノ酸

コラーゲンはアミノ酸に実は分解されてしますのですが、口から取るコラーゲンがアミノ酸に分解されてしまうのです。また歳をとることによってアミノ酸があってもコラーゲンは作られないのです。どちらにしてもコラーゲンが作られない。そんなことはありません、色々な実験の結果コラーゲンを摂ったらきちんと体内にコラーゲンの量は増えていることがわかっています。これをふまえてアミノコラーゲンとして商品化されているものもあります。


関連キーワード


ページの先頭へ