肌へのダメージを緩和する成分。グリセリン
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. グリセリン

グリセリン

「グリセリン」と聞くとニトロ?と思う方も多いと思いますが、そちらのグリセリンではありません。肌のひび割れやあかぎれを良くするために塗られるグリセリンのほうです!寒い季節になると肌が乾燥してしまいカサカサが気になりますが、そんな時にグリセリンを使うととってもいいのですよ!

グリセリンとは?

グリセリンとはアルコールの一種になり、体の酵素によって糖分と同様に分解されます。原料としてはパーム油やヤシ油の油脂から取られ、化粧品にも使われますが医療品や食品などにも使われています。

グリセリンの肌への効果は柔らかなしっとりとしたみずみずしい肌を作りあげます。

保湿効果もありますので、寒さでカサつく肌にも効果的で抗アレルギーの働きがありますのでアトピー体質の方にはグリセリンが良いです。

グリセリンの特徴

グリセリンの特徴は色な無色で透明、とろりとしたハチミツのような感じの液体になります。水になじみやすく保湿性に優れています。化粧品にもよく使われていますが、医療用としても幅広く使われている成分です。また心筋梗塞の薬として有名なニトログリセリンの材料としてもとても大切な成分になります。

グリセリン効果って?

グリセリンの効果は保湿になります!グリセリンは自分で作るスキンケア品には欠かせないもので、特に肌にトラブルをお持ちの方は天然成分のグリセリンを使った化粧水などは肌に刺激を与えずに保湿をしてくれ、肌を柔らかくしてくれるグリセリンはとても効果的にも期待できる成分です。

グリセリン化粧水

グリセリンを使って手作りの化粧水を使っている方もたくさんいるようで、使うグリセリンは植物性のグリセリンになりヤシ油から作る透明でなめらかなグリセリンは化粧水だけではなくクリームなどの手作りに使います。手作りのものだけではなく市販されている化粧品にグリセリンは使われています。グレセリンはすべての肌のタイプにあったものが作れて肌の保湿効果と潤いのある肌を作ります。

グリセリンと尿素

グリセリンの化粧水などを作る時に尿素も一緒に使われることが多いです。尿素は肌の中から潤いを引き出す成分でグリセリンの効果で外側から潤いと肌の柔らかさを作り尿素で体の内側から潤いを引き出してあげることを目的として使われます。ただし尿素は使い方を間違わないように気をつけないといけません。尿素を使うのであればお薦めは「園芸用の尿素」を使うのが良いでしょう。園芸用の尿素はホームセンターなどでも手に入ります。薬局で売っている尿素の場合は要素の濃度が高いために肌に刺激が強すぎて反対に肌を悪くしてしまうことがありますので注意してください。

グリセリンソープ?

グリセリンで石鹸が作れることを皆さんはご存知でしたか?お肌が弱い方にはお薦めで自分の好きな香りをつけることもできてアロマテラピーがお好きな方にもお薦めです!天然の油分を使っているのでお肌にも優しく、グリセリンを使っているので肌を柔らかくする作用もあり乾燥肌や敏感肌などお肌の悩みを持っている方にはとって肌に良い天然石鹸ですよ! ただし石鹸を作る時には苛性ソーダを使うので注意しなくてなりません。

グリセリン脂肪酸って?

グリセリンでも脂肪酸と付くと使い方がいままでのものと変わってしまうのです。「グリセリン脂肪酸エステル」は食品の乳化剤としてケーキなどのお菓子などに使われることが多いです。グリセリン脂肪酸エステルは油から取られる脂肪酸とグリセリンを反応させ作られる乳化剤です。同じ名前を持っていても使い方などがまったく違うものになってしまうのですね。


関連キーワード


ページの先頭へ