お肌作りを助ける成分。セラミド
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. セラミド

セラミド

セラミドって最近テレビでも「セラミド化粧品」とよく聞く名前ですが、それがいったい何にいいのかって皆さんわかりますか?肌にいいのはよくわかりますが、どのようにセラミドの成分が肌に良いのか詳しく調べてみましょう。

セラミドとは?

セラミドとは外の環境から脂質で層を作り肌に良くない細菌やウイルスなどの進入を防ぐ働きをします。

肌が乾燥するとセラミドが不足して細菌から肌を守ることできなくなるのです。


セラミドは肌の角質層の脂質全体の40%〜65%になります。セラミドは油の一種になるので水に溶けない性質を持っているので、肌に対して理想的に水分を保ちます。

肌が乾燥する、敏感肌という方はセラミドの入ったスキンケア商品が最適になります。

セラミドの効果

セラミドは保湿効果に優れています。肌にセラミドがたくさんあるとまるで生まれたての赤ちゃんのような潤いのある肌になります。しかし年齢の重ねることでセラミドの生成が減少して肌がカサカサの乾燥肌になったり、シワのある肌になってしまいます。セラミドはバリアの働きがありますので、シミの原因の紫外線から肌を守る効果もあります。またバリアの効果により、アルルギーの原因になるダニやほこりを皮膚に入り込まないようにガードしてくれます。

セラミドとアトピー

アトピー(アトピー性皮膚炎)は食べ物やダニやダストによって起こるものと考えられています。アトピーは冬の乾燥した時期に悪化することでセラミドが不足し皮膚は敏感さ増すことによって起こるのではないかとも言われています。しかしはっきりとしたことわからなく、現にアトピーは乾燥しにくい部分などにも湿疹がでることが多いです。原因がセラミドの不足ではないとしても乾燥しやすい子供や老人が冬に湿疹が増えることが多くみられます。セラミドは石鹸などで洗い流してしまうと2週間くらいは元に戻らないので乾燥にお悩みの方は石鹸の使いすぎには注意しましょう。乾燥しやすい人は年々乾燥が強くなってきますので、保湿剤などを使い上手に肌をケアしていきましょう。

セラミドとコラーゲン

乾燥肌や敏感肌にはセラミドとコラーゲンでしっかりとケアをするのが大切です。セラミドで肌をしっかりとガードしてコラーゲンにて細胞をしっかりとさせハリとツヤのある肌を保ちます。乾燥肌をしっかりケアしてあげることによった、シワのない美しく若々しい肌を作るのです。セラミドとコラーゲンは乾燥肌の強い味方です!

セラミド化粧品

最近はテレビでもおなじみになった「セラミド化粧品」は乾燥肌・敏感肌・アトピーなど方にお薦めの化粧品になります。化粧品のメーカーでの違いはありますが、セラミド配合の他にコラーゲンやヒアルロン酸など肌に大切な成分が配合されて潤いのある柔らかな肌を作りあげなます。化粧品に種類としては色々とありスキンケア全般で化粧水・乳液・美容液・クリームなどがあり、さらにセラミドの原液などを一緒に使うことによってさらに肌へのバリア力を高めます。

セラミド食品

食べるセラミド?とビックリしてしまいますが、食べられるセラミドは実はこんにゃく芋からとることができるのです。こんにゃく芋にセラミドが含まれていることがわかり、そのほかの小麦や米などにも含まれますが、こんにゃくから取れるセラミドは7〜15倍になります。食べるセラミドとなると気になるのが副作用などですが、原料がこんにゃく芋なので安全性プラス副作用は心配ありません。セラミド化粧品で外側からと食べるセラミドで体の中からセラミドを吸収し乾燥肌や敏感肌などの肌の悩みを解消しましょう! ちなみにこんにゃく芋から取られたセラミドはサプリメントやお菓子の他にダイエットに良い物にも変身しているので肌も体もセラミド食品できれいになりましょう!


関連キーワード


ページの先頭へ