美容にも健康にも欠かせない成分!ビタミンC♪
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは美容に良いことは皆さんよく知っていますよね。美容だけではなく健康にも良い成分で体の中からも美しさを磨いていける、そんな大切な栄養素です。ビタミンCが肌に与える要素を徹底的に調べて、どんどんと肌に潤いを与えていきましょう。

ビタミンCとは?

ビタミンCとは水溶性のビタミンに一種で水に溶け出す性質を持っています。

ビタミンCは肌に大切な成分で肌を作る細胞を結ぶコラーゲンを作り出すに必要不可欠なものなのです。


また病気などの色々な抵抗力や女性に多い貧血予防に必要な鉄分の吸収を良くする力があります。ストレスはお肌には大敵ですよね!

ビタミンC効果って?

ビタミンCの効果は抗酸化作用であり体が酸化することによって肌の老化の原因になります。ビタミンCをとることによって肌のハリやツヤを保ちシミやシワを作らないように効果を発揮します。体には抵抗力を高めコレステロールを下げる力や発ガン物質を抑える力もあります。ビタミンCは肌だけではなく体の中も健康にしてくれるのです。

ビタミンCを含む食品は?

ビタミンCを多く含む食品として果物(レモンやイチゴ)、野菜では「いも」などに多く含まれます。ビタミンCは水に溶けやすい性質を持っていますので、長時間水にさらしたり、しておくとビタミンCが溶け出してしまいますので注意しましょう。

ビタミンCの摂取量は?

ビタミンCってどのくらいに量をとればいいのでしょう? ビタミンCが不足すると抵抗力が落ちて風邪などにかかりやすくなります。またコラーゲンが不足することになるので、細胞の結びつけが緩むということは肌のハリと弾力が失われることになります。ビタミンCは大量にとっても吸収されずに尿として出てしまいます。ビタミンCの1日の摂取量は目安100mgになります。

ビタミンC誘導体って?

ビタミンC誘導体ってよく聞きますが、いったいどのような効果があるのでしょう? このビタミンC誘導体は純粋なビタミンCではないのです。純粋なビタミンCはメラニンを作りだすのを抑える作用や、コラーゲンを作り出すことに優れています。しかし形が不安手なこともあり酸化しやすいというところが欠点になります。ビタミンCが酸化すると肌に浸透するのが困難になり真皮への効果が得られなくなります。そこで開発されたのがビタミンC誘導体になります。

二つの誘導体

ビタミンC誘導体には二つの種類があります。「水溶性」と「油溶性」、それぞれの働きの力に違いがあります。水溶性は普通のビタミンCに比べて肌に吸収されるのが8倍になり、真皮に対する効果の持続時間が12時間になり、油溶性は20〜30倍の吸収で水溶性と比べると3倍の吸収率になり持続時間は24時間になります。

ビタミンC誘導体の効果

ビタミンC誘導体は体に入ってから6時間〜14時間かけて肌にある酵素によって普通のビタミンCへと分解されていきます。また細胞に浸透するためにアスコルビン酸トランスポーターで肌の内側に運ばれていきます。

美白・シミの良い

シミの原因はメラニンの働きによるものです。紫外線を浴びることによってチロシナーゼが活発になり、メラニン生成の物質に働きかけて作られます。ビタミンC誘導体はチロシナーゼの働きを鈍らせてメラニンの生成を少なくします。

肌のハリに

ビタミンCはコラーゲンを作りだすのに大切なものです。紫外線はシミの原因のメラニンだけではなくコラーゲンをも壊してしまうのです! そこで美しいハリのある肌にはビタミンC誘導体が効果的になります。

ニキビにも

ニキビの原因はアクネ菌が出ることによって起こる炎症がニキビになります。ここでも紫外線が影響してアクネ菌を出す「コプロポルフィリン」は活発化してしまい、活性酸素によって皮脂は過酸化皮質に変化して刺激されてしまうのです。ビタミンC誘導体は活性酸素を消し、ニキビの炎症を抑えます。

ビタミンC誘導体化粧水

ビタミンC誘導体に入った化粧水は肌への吸収が良いので美白・シミ・シワ・くすみなどのあらゆる美容に関する悩みを解決に導いてくれます。誘導体なので純粋なビタミンCよりもはるかに吸収が良いので肌への効果は抜群です! 商品によっては自分で作ることのできるキット式の化粧水になったものもあります。


関連キーワード


ページの先頭へ