自分にあった化粧水のつけ方!化粧水
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. 美容化粧水

化粧水

洗顔のあとにつける事で肌に最適な効果がでるのが化粧水です。肌のツッパリ感をなくす他、洗顔後の化粧水は肌への大事な役割を果たしています。せっかくの化粧水なのに、つけ方が間違っているために無駄になってはいませんか?正しい化粧水のつけ方を学んでいきましょう。

化粧水の役割

化粧水の役割は、洗顔後の顔の突っ張り感を解消するだけのものではありません。肌を柔らかくして次につける乳液や美容液を肌に浸透させやすくするのです。化粧水があとにつけるものに通り道を作ってくれるわけですね。ですから、いきなり乳液や美容液をつけても肌に浸透せずに蒸発するだけで無駄になってしまいます。必ず化粧水を使用するようにしましょう。化粧水にも種類があるのをご存知ですか? 用途に合わせて使い分けるようにしましょう。ではどのような化粧水があるのでしょうか。

柔軟化粧水

エモリエント化粧水ともいわれるのがこの柔軟化粧水です。アルカリ性のもので、少量のオイルを入れ、肌に水分を補給して保湿をしてくれたうえに肌を柔らかくします。不要になった角質を取り除いてくれるので肌がなめらかになりますので、保湿成分などが肌に浸透しやすくなります。通常の化粧水を使用する前に使ってみてください。驚くほど肌がしっとりもちもちになります。

収れん化粧水

肌に溜まっている余分な皮脂を取り除き、毛穴をキュッと引き締めてくれる化粧水です。肌のキメも整えてくれるので、メイクの乗りが違ってきます。年配の方はアストリンゼントといった方が通じるかもしれませんね。

ふきとり化粧水

角質を取り除いたり、メイクを落とすとき、クレンジングの残りなどを拭き取ります。ゴシゴシこすらずに、優しく撫でるようにして拭き取りましょう。

化粧水の使い方

化粧水を使うとき、どうやって使っていますか? 手の平でバシャバシャとでしょうか。それともコットンにとって使っているのでしょうか。色々なサイトや本を見ると、コットンを使わずに手でつけましょうという場合や、必ずコットンを使いましょうといっている場合とがあります。どちらの方法が正しいのか迷いますね。実のところ、化粧水を出しているメーカーによって使用方法が違うということが起きています。基本的にはコットンの使用が望ましいです。敏感肌の方は、コットンの繊維で刺激になって、肌が荒れてしまう場合がありますので、肌の様子を見ながら手の平を使うかコットンを使うか決めていきましょう。

コットンを使う

どうしてコットンを使用するのがいいのでしょうか。手の平に化粧水をとって顔にバシャバシャしても、顔と手の体温で化粧水が蒸発してしまいせっかくの化粧水があまり肌に浸透しません。コットンを使うといっても、化粧水の量が少ないと反対に肌を荒らしてしまうことになります。コットンにたっぷりの化粧水をとります。中指ではさんだコットンが手を下に向けてもたっぷりの化粧水で指に絡みつき、コットンが下に落ちないくらいの量をとりましょう。一通り顔全体をコットンで優しく撫でたあとにパッティングします。あまり強く肌を叩かずに軽くパッティングしましょう。パッティングすることにより、肌の奥まで化粧水の成分を浸透させます。もちろん首やデコルテまでパッティングしてかまいません。使ったあとのコットンで手の甲や腕に化粧水をつけてあげてもいいですね。

ローションパック

化粧水の成分を余すところなく肌に浸透させたいのであれば、ローションパックがお勧めです。顔型になったシートがない場合はコットンで十分です。コットンは広げたり伸ばしたりできますので便利ですね。シートやコットンにたっぷりと化粧水を含ませて顔の上に乗せるだけです。3分後、シートをはがした後の肌に驚くでしょう。しっとりモチモチした肌になっているはずです。3分以上おくと反対に肌水分がコットンに奪われてしまうので時間は守りましょう。はがしたあとに顔を手の平で押さえて化粧水を十分になじませます。

化粧水選び

化粧水をカスタマイズトッピング!
出典:http://dietbcc.jp/skincare/toner/

化粧水の必要性はこれまでのことでお分かりになったと思います。では自分に合った化粧水はどれなのでしょう。ヒアルロン酸の入ったもの、どくだみ、アロエ、にきびや吹き出物用、変わったところでれんげ化粧水、自分で化粧水を手作りする人も中にはいるでしょう。化粧水の売れ筋ランキングなどもありますので参考にしてみるのもいいですね。


関連キーワード


ページの先頭へ