スキンケアの基礎中の基礎♪
  1. HOME
  2. 肌に良い成分
  3. 洗顔

洗顔

洗顔するとき、どうやって洗顔していますか。手にとって適当に泡立ててゴシゴシこすって洗顔していませんよね。間違った洗顔方法は肌を傷めてしまいます。メイクをしているのにクレンジングもせずに、洗顔料だけでダブル洗顔で済ませていませんか。クレンジングも肌のためには必要不可欠なのですよ。

クレンジング

クレンジングはスキンケアよりも重要なことです。メイク料は肌にとっては本来いらないものです。


毛穴にまで入り込んだメイク料を綺麗に洗い流してリセットする必要があります。

透明感のある肌になるのも、スキンケアの前にクレンジング次第といっても大袈裟ではないのです。


スキンケアの基本ともなるクレンジング、きちんと行っていますか?

クレンジング料の種類

クレンジング料は大きく分けて二つあります。拭き取るタイプと洗い流すタイプです。その洗い流すタイプの中でも何種類にも分けられていきます。自分の肌に合ったものをつかいましょう。クリームタイプは洗浄力が高く、洗い上がりもしっとりしています。乳液タイプはさっぱりとした使用感で、最近人気の出ているジェルやオイルタイプはすすいで流すときに乳化するものがほとんどです。乾燥肌の人などはクレンジングミルクがいいでしょう。くすみ肌やオイリー肌の人はジェルクレンジングをお勧めします。少ない量でクレンジングするのは肌を傷める原因にもなります。たっぷりのクレンジング料で肌をリセットしてください。

クレンジング方法

たっぷりの量のクレンジング料を手にとり、なめらかに指が滑るように肌にのせてゆっくりマッサージします。力は入れないでください。ゆっくりなじませることによって、汚れやメイクを浮き上がらせ、効率よくクレンジングできます。最近クレンジングシートが手軽にメイクオフできるということで人気のようですが、どうしてもふき取ってメイクを落とすために肌をこすりがちになります。毛穴の奥に汚れを押し込めてしまうことにもなりますので、できれば使用しないほうがいいでしょう。しっかりクレンジングを行うことで、そのあとに使用する化粧水などの成分がしっかりと肌に入ってくれるのです。

洗顔

毎日の洗顔、どうしていますか?
固形石鹸や洗顔フォームなどを使っていない人はまさかいませんよね?肌の汚れを取るための洗顔で、間違った方法で洗っているとかえって肌を傷つけてしまいます。
洗顔は泡のクッションで洗います。手のひらで泡立てているだけではクッションが足りませんし、どうしてもゴシゴシこすってしまうことになります。
こすって洗うと肌への刺激になり、色素沈着の原因にもなりますので絶対やめましょう。

基本になる洗顔方法は以下の通りです。

Point1

顔をぬるま湯で濡らします。水だと毛穴が引き締まって閉じてしまい、汚れも閉じ込めてしまいますのでぬるま湯がいいでしょう。

Point2

石鹸を泡立てます。固形石鹸を使う場合も洗顔フォームを使う場合も、泡たてネットを使いましょう。泡立てるコツは空気をたくさん含ませることです。泡たてネットを使うと十分に空気を含み、弾力のある泡をたてることができます。

Point3

顔に泡をのせて洗っていきます。絶対にこすらずに、泡をクッションのようにして撫でるように洗います。泡に汚れが吸着しますのでこれだけで十分です。モコモコに泡立てられた泡で、直接肌に手が触れないくらいの弾力が目安です。

Point4

洗顔料が残らないよう、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。髪の毛の生え際やあご周りなどはすすぎ残しをしやすく、にきびの原因にもなりますので十分すすぎましょう。この時も決して肌をこすってはいけません。

Point5

洗顔が終わったら水で毛穴を引き締めましょう。タオルで顔を拭くときもこすらずに上から押さえる様にして水分をとります。

洗顔料

現在様々な洗顔料が販売されていますが、自分に合った洗顔料を見つけるのも大変なくらいの種類ですね。しっとり洗い上げるものからさっぱり洗い上げるもの、敏感肌用やにきび肌ようなど、目的に合わせて数多くあります。自分にはどの洗顔料が合っていますか?

米ぬか洗顔

米ぬかは固形になったものやフォーム状になったものが市販されていますが、ここでは昔ながらの米ぬか洗顔を紹介しましょう。サラシを手のひらに乗るくらいの袋状に作って中に米ぬかを入れます。その袋をぬるま湯に入れて、米ぬかエキスが抽出されたお湯で洗顔します。米ぬかには肌の新陳代謝の向上と美白効果、保湿やたるみ防止など、肌には嬉しい効果がぎっしり詰まっています。

酵素洗顔

酵素にはたんぱく質を溶かす作用がありますので、肌の古い角質を取り除いてくれます。ターンオーバーが乱れていて、化粧水が肌に入っていかないときなどにも効果を発揮します。ただ、あまり続けて使用し続けると反対に肌を傷めることになってしまいますし、肌の乾燥を進めてしまうことにもなりかねません。肌の様子を見ながら、週に1度程度の使用にとどめておきましょう。

にきび洗顔

にきびの洗顔時に気をつけなければいけないのが、ゴシゴシこすってにきびを潰さないように気をつけることです。にきび用の洗顔フォームや固形石鹸もありますが、これも泡たてネットで弾力のある泡を作って優しく洗顔するようにしてください。さっぱりしたいからといって、スクラブ入りの洗顔フォームを使う人がいますが、にきび肌にスクラブ洗顔はかえってにきびをひどくしてしまいますので絶対やめましょう。皮脂を取りすぎて洗顔後の皮脂分泌が多くなり、にきびがひどくなってしまいます。乾燥肌や敏感肌の人もスクラブ入りは絶対に使用しないでください。



ページの先頭へ